保管方法

スーツの保管方法について

スーツは主に春夏物と秋冬物に大別することが出来ます。
その為、季節外のスーツはクローゼットに保管しておく必要がありますが、何ヶ月もしまっておく必要がありますので、保管方法には気をつけたいです。
一番気を付けなければいけないことは虫食いです。
折角のスーツも虫に食われ穴が開いてしまえば台無しですし、補修するにも費用がかかってしまいます。
防虫剤や除湿剤などを活用して虫食いを防ぐことが大切です。
基本的にはクリーニングに出してからクローゼットにしまうことになりますが、クリーニングから返ってきた時に付いているビニールは必ず外すことが必要です。
ビニールは単に仕上がり後にホコリを寄せ付けない為のものですので、通気性が無く中に湿気がこもってしまい、カビが生えてしまう原因にもなります。
またスーツの保管方法の一つにクリーニング店の保管サービスを利用する方法もあります。
シーズンが到来するまで預かっていてもらえますので、自宅のクローゼットにも余裕が出来ます。

上手なスーツの保管の仕方

ビジネスシーンや冠婚葬祭等、フォーマルなシーンで活用する事が多いスーツですが、清潔感のある、パリッとした印象を与えるためには、日々のメンテナンスと正しく保管する事が重要です。
正しいメンテナンスをしていれば、スーツを長持ちさせることにもつながります。
スーツの保管ですが、理想は1日着用したら2日休ませる事です。
保管する際は、シワができない事に注意します。
自然に伸びるように専用のハンガーを使用し、型崩れを防ぐことが大切です。
ジャケットは、肩の部分に合わせた肉厚なハンガーを選び、素材もプラスチック製より木製のほうが吸湿性があるので良いです。
ズボンは、クリップの付いたハンガーを利用し、裾の部分が上になるようにして吊るします。
そうする事で、重みで自然にシワも伸びます。
クリーニングに出した後、長期的に保管する場合は、ガーメントバッグに入れておきます。
これは、スーツ購入時等にもらえるのでとっておくとよいでしょう。
クリーニングから戻ってきた時にかかっているビニールをかぶせたままにしておくと、通気性が悪いので、不織布のガーメントバッグに入れ替え、月に一度くらいは風通しをしてください。
そうすることで、スーツを良い状態で長持ちさせる事ができます。

Favorite

デザイン住宅を群馬で発注

最終更新日:2018/5/25

Copyright (C) The Chic. All Rights Reserved.