着こなし方

ジャケパンスーツの着こなし術

上着とズボンを違う色、生地で着こなすスーツを、ジャケパンスタイルと言います。
上下できっちり同じ色のスーツも格好良いですが、ジャケパンは少しポップで、お洒落なイメージが増します。
しかし、着こなしは少し難しくなります。
まず色の選び方にセンスが必要です。
同系色でまとめるのは上級者向けです。
薄い紺色とやや濃い目の紺色など、綺麗に着こなすのは難しいです。
簡単なのは黒とグレーや、薄いグレーと濃い紺色などでしょうか。
基本的にジャケパンはセットで売っていません。
自分のセンスでジャケットとパンツを選びます。
それだけに難しいですし、センスがもろに出ます。
慣れれば独自の組み合わせることが楽しくなってきます。
昨今のスーツは上下とも細めで着るのがトレンドですが、ジャケパンの場合は上着を少しだけゆったり目にしても良いです。
購入したら、せっかく自分が気に入って選んだ一品です。
堂々と着こなしましょう。
背筋が伸びているかどうかで見た目の印象はまるで違います。
スーツを着こなす大きなコツです。

スーツの着こなしで印象は変えられる

ビジネスの場では、第一印象が大切です。
初めて会った人がどのような人か、どこで判断するのか、というと、それはやはり「外見」ではないでしょうか。
それは、顔や背格好ももちろんですが、服装も重要な判断ポイントとなります。
男性でしたら、仕事の時はスーツ、という方が多いでしょうから、スーツの着こなしが、その方の印象に大きく影響してきます。
「外見よりも、中身が重要」とおっしゃる方もいらっしゃるでしょう。
確かに、性格の良さ、じっくり付き合えばわかる良さ、というのももちろん重要ですが、初対面で内面まで分かってもらう事は難しいものです。
そうなると、やはり、スーツをきちっと着こなす、といった努力が必要となってくるのです。
スーツ選びで気をつけたいのは、サイズです。
肩幅が妙に大きかったり、袖丈・パンツ丈が長かったり短かったりすると、だらしなく見えてしまって損をしてしまいます。
ジャストサイズのスーツを着こなして、良い第一印象を持ってもらえるように頑張ってみましょう。

Valuable information

京都で前撮りなら

http://kyophoto.jp/

Last update:2016/10/21

Copyright (C) The Chic. All Rights Reserved.